歴史

日本のワイン産業は、明治10年(1877年)に「大日本山梨葡萄酒会社」が創業にあたって二人の青年 「土屋龍憲・高野正誠」両氏に”葡萄栽培及びワイン醸造”の技術を修得させるためフランスに派遣したのが始まりです。

top_04
1877年
勝沼町祝にて日本初の葡萄酒会社「大日本葡萄酒会社」を設立。土屋龍憲、高野正誠両氏が葡萄栽培、醸造技術の習得のため渡仏。帰国後日本のワイン産業の幕開けとなる。
1886年
「大日本葡萄酒会社」解散。
1891年
勝沼町下岩崎にて、土屋龍憲を中心にして当ワイナリーの前身となる「マルキ葡萄酒」設立。(現存する最古のワイン醸造所)
1895年
内国勧業第4回博覧会にて「サフラン葡萄酒」を出品有効賞受賞。
1902年
日本で初めてのシャンパン「朝日シャンパン」発売。
1915年
初代社長に代わり土屋一郎が継承。
1950年
近代的な経営形態へ、まるき葡萄酒株式会社設立。
1962年
まるきの定番ブランド「オリンピアン」ワインの発売を開始。
1970年
当時としては画期的な、お客様のワインを貯蔵庫で預かる方式、マイワイン・システムの受付を始める。
1972年
甲州街道バイパス道路工事に伴い、ワイナリーを現在の甲府盆地と南アルプスを一望できる丘陵地に移転。
1983年
日本で初の逆浸透膜による濃縮果汁で醸造したワイン「リッチネス」の発売を始める。
1989年
多目的ホールを備えた新社屋を造る。(現在の社屋)
1993年
葡萄の木を含む燻材でじっくりと燻煙した「スモークド・タクアン」をワインのおつまみとして発売開始。大ヒット商品!!
1997年
やまなしグットデザイン大賞1997 ロゼワインの「甲州讃歌ワインボトル」が最優秀賞を受賞。
1997年
お年玉年賀はがき「ふるさと小包大賞」、2,3等の商品に選ばれ、専用の限定ワインを醸造。その後、2002年迄に計4回選ばれる。
1999年
他のワイナリーの先駆けとして「にごりワイン」を発売開始。大ヒット!!
1999年
西暦2000年記念ワイン、1980年ビンテージの「甲州古曲」を限定発売。
2000年
山梨大学の研究成果を生かした、日本初の同時醸造ワイン(混醸ワイン)、「甲州あかね」を発売開始。
2000年
やまなしグットデザイン大賞2000「新・シュール・リー」・「新・甲州あかね」・「新・勝沼新鮮組」のワインラベルデザインが、優秀賞を受賞。
2001年
ジャパンワインチャレンジ2001にて、「甲州シュール・リー」ワインが銅賞に入賞。
2003年
山梨で初めてワイン製造管理のコンピューターシステムを導入。
2003〜2005年
国産ワインコンクールで「甲州シュール・リー」と「山ソービニオン」が3年連続で入賞。
2006年
「シュール・リー甲州2005」銅賞受賞
2007年
「シュール・リー甲州2006」銅賞受賞
2008年
「シュール・リー甲州2007」と「樽熟甲州2006」銅賞受賞
2008年
ロシアへワイン輸出
2008年
自社畑で不耕起草生栽培開始
2013年
「樽熟ベーリーA2011」銀賞受賞、「鮮甲斐ノワール2012」銅賞受賞