VINEYARD

 2nd_00まるきの畑の特徴

まるき自慢の葡萄畑にはいくつか誇れる特徴があります。 一つは不耕起草生栽培、もう一つがサスティナビリティです。

 

不耕起草生栽培とは、一言で言えば「畑を自然に近い状態で、出来るだけ人の手を入れずに栽培する」ことなのですが、それには経験や知識をその土地にあったやり方で生かす事が必要です。それを支えるためにまるきが学び取り入れているのがサスティナビリティという考え方です。ただ効率を追うより遥かに大変ではありますが、その見返りに、まるきの葡萄たちは豊富な栄養素や風味を我々に還してくれます。

 

我々ワイナリーは自然とも密接に関わっております。良い環境、良い気候の無いところでは美味しいワインは造れません。環境への配慮や貢献は今も昔も忘れてはならない事柄です。ワイン造りを通して、美しい自然、美味しいワインのためにまるきはそれらの取り組みを続けております。

 

さらに詳しい説明は→ こちら

 2nd_00ヴィンヤードギャラリー